コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

VR

世界第1位を獲得したVRゲーム『TITAN SLAYER』を社内で体験してきました!

世界最大のゲーム配信プラットフォームであるSteamで、コロプラが配信開始したVRアクションゲーム『TITAN SLAYER』。2017年4月28日のリリース直後から多くの方にダウンロードいただき、VRセールスランキングで第1位を獲得(7日間連続で1位をキープ)しました!

Colopl_Be-ars_VR_008.jpg

Be-ars編集部の周りでもコロプラ社内にあるVRプレイコーナーで体験し、ハイテンションで帰ってくる社員が続出。いったいどんなゲームなのか? 気になったので、ちょっと体験してきました!

はじめに、とても簡単に説明しますと、「VR」とはバーチャル・リアリティー(Virtual Reality)の略で「仮想現実」と訳されます。「VRゲーム」は立体視ができるヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)を着けて、コントローラを使ってプレイしていくゲームです。写真でいうと、ゴーグルのようなものがHMDで、両手に持っているリモコンのようなものがコントローラです。

Colopl_Be-ars_VR_001.jpg

ちなみに写真には写っていませんが、プレイヤーの前方にはモニタを設置してあり、HMDに映し出されている映像をリアルタイムで流すことで、プレイヤーが体感しているゲームの世界を周りの人が共有できるようにしています。

HMDをかぶると、VR(仮想現実)の空間が360度、上下左右に広がり、まったく別の空間に突然身を置かれたような心地になります。

Colopl_Be-ars_VR_003.jpg

たとえば『TITAN SLAYER』の場合は、HMDを着けると同時にお城のような空間に自分がいて、そこに置かれている本に、青い羽がついたペンでチェックを入れるとチュートリアルが始まる.....という感じで、その世界にあっという間に没入してしまうんですね(※ 今回は取材のためヘッドホンを着けていませんが、本来は着用します)。

Colopl_Be-ars_VR_007.jpg

さて、『TITAN SLAYER』は、次々と襲いかかってくる巨大な怪物たちを、剣・弓・銃といった武器を駆使して倒していく、一人称視点の本格アクションゲームです。怪物たちの攻撃は、実際に上下左右に体を動かすことで避けることができます。戦闘中は武器を自由に持ち替えて戦えるので、状況に合わせて有効な武器を選択することもポイントです。

戦闘フィールドは古代の神殿、船上、炎が広がる世界という3種類で構成されていて、プレイヤーが自分で選択することが可能です。HMDを装着すると現実世界にいることをすっかり忘れて、没入してしまいます。

Colopl_Be-ars_VR_002.jpg

自他ともに認める超インドア派のBe-ars編集部メンバーは、全身全霊で巨人と戦かった結果、なんだか踊っているような写真がたくさん撮れましたmm カメラマンさんからは「なんかエクササイズみたいだった」と言われる始末。いや、これでも結構な数の巨人を倒したんですが。

一方、先日アメリカからコロプラにいらっしゃった学生さんが『TITAN SLAYER』をプレイすると、すごくサマになっていて......同じゲームをしているとは思えないような写真になりました。かっこいいアクションをするとポイントが加算されるので、きっといいスコアが出ていたはず。

Colopl_Be-ars_VR_005.jpg

Colopl_Be-ars_VR_006.jpg

最後になりましたが、『TITAN SLAYER』は、複合カフェ『自遊空間』さんの全国6店舗でもプレイ可能です。

時を忘れて、あなたも巨人と戦ってみてください!