コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

VR

VRとは?

いま何かと話題の「VR」。テレビでもよく見かけるし、ネットニュースにもよく出てくる言葉だし、あのゴーグルを大きくしたような物を付けると見えるという映像が「VR」らしいけれど、体験していないから、いまひとつわからない......そんな方が多いのではないでしょうか。

「VR(バーチャル・リアリティ)」は、ゲームや映像との親和性が高いので、現在はエンターテインメント市場で特に注目されていますが、様々な業界で活用できる可能性がある一大産業です。その市場規模は2020年までに300億ドルに達するとの予測もされ、国内外の多くの企業が、自社の事業に活かすための研究を進めています。

特に2016年は、VRを体験できるヘッドマウントディスプレイ『HTC Vive』『Oculus Rift』、『Playstation VR』が続々とリリースされることもあり、「VR元年」とも呼ばれています。世界各地でVRに関するイベントが開催されたり、技術的な試みが発表されたりするなど、驚くようなスピードで、盛り上がりを見せています。

今回はそんなVR について、基本的な説明から具体的に何ができるのかというところまで、わかりやすく解説していきます!

What is VR?

一般的に「VR」は、バーチャルリアリティの略。直訳すると「仮想現実」です。しかし、最近話題になっているVRという言葉は、ただ仮想現実のことを指しているわけではありません。

それはズバリ!「立体視ができるディスプレイ(ヘッドマウントディスプレイ)を頭につける」ことが前提になっています。そして、その装置を使って、いろいろなコンテンツ(ゲームや映像など)をよりリアルに体験できるのが、今回解説する「VR」のお話です。

(VRでは様々な表現ができますが、ここでは主に映像に関するVRの解説をします)。

01_VR-HMD.jpg

上の写真の装置は、『ヘッドマウントディスプレイ(HMD)』と呼ばれています。VR用のHMDを装着すると、視界いっぱいに仮想現実空間が描き出され、現実にはない「創造の世界」や、ここではないリアルな世界(たとえば地上300mの上空や、海底など)に連れて行かれるような心地になります。

HMDから見えるVRの世界は、まるで現実世界のように奥行きがあるように感じられます。たとえば後ろを振り向くと後ろの世界もきちんと存在するので、HMDを付けた人は、思わず顔を背けたり、空を仰ぎ見たりして、すっかり仮想現実の世界へ没入するような感覚になります。そして、空想の世界や、誰かが見た風景などをよりリアルに体験し、自分の好きなように見渡すことができるのです。

それが、最新技術を組み合わせてどんどん進化していく現在のVRであり、そうしたVRを利用する試みは、ゲームやスポーツなどのエンターテインメント分野だけでなく、医療や教育、観光など多くの分野での応用も行われています。

02_VR観光_老人.jpg

よりリアルに、没入させるVR技術とは

ここで、現在のVR技術がどのようにリアリティを生み出しているのか、簡単に説明していきます。これがわかると、HMDを装着した経験がなくても、VRのイメージが少ししやすくなるかもしれません。

・空間を感じる立体視
右目と左目、それぞれに応じた映像を用意して視差を生み、擬似的に奥ゆきを作り出します。そうすると、距離感や物のサイズ感を表現できるようになります。

03_クマVR.jpg

・ヘッドトラッキング
頭の動きに合わせて映像が映し出されるので、360°前後左右上下さまざまな方向に視線を向けることができ、本当にそこに立っているような感覚を体感できます。

04_360view.jpg

・ハンドモーショントラッキング(モーションコントローラー)
手に持ったコントローラーを通して、こちらの動きを感知し、VRの世界で、手の動きを反映させてくれます。それにより、VRの世界にあるモノに手を伸ばしたり、持ち上げる動作をしたりすることができるので、より高い没入感を得られます。

05_モーショントラッキング.jpg

人類の歴史を紐解くと、レオナルド・ダ・ヴィンチが15世紀の時点で空を飛びたかったり、理想都市を歩きたかったりしたのと同じように、私たちはずっと想像の中の物語に憧れを抱いていました。いつかは、その想像の世界の中に入って、今までになかった経験をしてみたい......そんな夢のようなことが、VR技術の発展によって、目に見える形で実現しつつあります。もっと先だと思っていた近未来が、もう目の前まで迫っているのかもしれません。

次回は、人類が夢見ていた未来とはどういうものだったのか。
「VRの歴史」を丁寧に探っていきます。