コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

VR

『Oculus Rift』の発売日に、VRゲームを配信した日本企業はコロプラだけ!

コロプラが、新作VRゲーム『Fly to KUMA』と『VR Tennis Online』を配信開始! 決定的瞬間に立ち会ったVRチームの開発者 小林さんに、ベアーズ編集部がお話を聞いてきました!

あの日、VRゲームを世界に配信した瞬間

ベアーズ編集部:2016年3月29日、ついにヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」が発売され、世界で30タイトルのVRゲームが配信開始されましたね。そのうち日本企業で配信したのはコロプラだけでしたが、配信が始まった瞬間は何をしていましたか。

小林:2016年3月29日の深夜0時は、チームのみんなで待機していました。

ベアーズ編集部:ドキドキの瞬間ですね。

小林:はい。VRゲームができる環境があり、「Oculus Rift」を持っているユーザーさまというのはまだ限られているわけですが、でも確実に、世界のあちこちで既に最先端の機器を手に入れて、プレイを楽しんでいる方がいらっしゃるんですよね。ただ、ダウンロードが開始されてもあまり実感はなかった、というのが正直なところなんです。

ベアーズ編集部:えっ、意外です。みんなで歓声をあげるとか、そういう感じはなかったんでしょうか。

小林:(取材を受けている)今はもうメンバーみんな次のプロジェクトに取り組んでいますので、現場ではリリースしたときのことはちょっと過去の出来事になってしまっているというか......一方で、開発者としての喜びはじわじわとありました。たとえばスマートフォンが世界に初めて出た瞬間に、アプリを配信できた企業はとても限られているわけですが、今回の「Oculus Rift」の発売も、同じくプラットフォームが出た歴史的な瞬間になります。人生が80年あるとしても、プラットフォームが出る瞬間にゲーム開発に携われることはなかなかありません。開発者として、かなり貴重な経験ができたと思っています。

ベアーズ編集部:確かに、限られた開発者にしか味わえない喜びですね。

小林:数年後、「あの時があったから、今のコロプラのVRゲームがあるんだね」なんて話すような瞬間だったのかもしれません。

コロプラ発、VRゲーム2タイトルのおすすめポイント

オキュラス用に開発されたコロプラのVRゲームFlytoKUMのイメージ画像コロプラベアーズ.png

ベアーズ編集部:さて、リリースされた2つのVRゲームについても少し聞かせてください。『Fly to KUMA』は、360度のステージを見渡しながら、8匹のクマたちをゴールまで導くパズルゲームです。クマたちは一定のルールに従いながら前進しますが、100種類以上あるステージには、それぞれ危ないギミックがあるんですよね。小林さんの注目ポイントを教えてください。

小林:プレイヤーが近づくとクマがこっちを向いて、かなりキュート!でも、パズルを成功させずにクマを導いてしまうと......けっこうシュールなことになります。そんなギャップも楽しんでいただければと思います。

オキュラス用に開発されたコロプラのVRゲームFlytoKUMのイメージ画像オキュラス用に開発されたコロプラのVRゲームFlytoKUMのイメージ画像

ベアーズ編集部:キュート&シュール!!

小林:これはもう、体験していただかないと......というものなんですが。

オキュラス用に開発されたコロプラのVRゲームFlytoKUMのイメージ画像

ベアーズ編集部:一方、『VR Tennis Online』は、白熱のテニスを楽しめるスポーツアクションゲームです。リアルな世界で実現することが難しい必殺ショットをVRならではの臨場感で体験できるそうですが、小林さんの注目ポイントを教えてください。

小林:コロプラはこれまで2〜3頭身のかわいいキャラクターを多く作ってきましたが、今回は海外向けということで、頭身の高いキャラクターにしています。一方、コロプラらしいデフォルメも大切にしていて、キャラクターの魅力を追求しました。そしてなんと言っても、最大の注目ポイントは、世界中のプレイヤーとオンラインで対戦できることです!

オキュラス用に開発されたコロプラのVRゲームVRTennisOnlineのイメージ画像オキュラス用に開発されたコロプラのVRゲームVRTennisOnlineのイメージ画像

ベアーズ編集部:VRゲームを世界中のプレイヤーとオンラインで楽しめる! すごいことですよね。

小林:はい。ぜひたくさんの方に楽しんでいただきたいです。

ベアーズ編集部:ちなみに、体験イベントの予定などはありますか?

小林:まだ決まっているものはありませんが、そのような機会があれば、ベアーズ編集部にお伝えしますね。

ベアーズ編集部:そのときは必ず記事にします! もちろん、新作タイトルが出たらまた話を聞きにきますので、よろしくお願いします!!


gattai1.jpg


以上、新作VRゲーム『Fly to KUMA』と『VR Tennis Online』の開発現場からお伝えしました!「Be-ars」では今後もコロプラのVR関連情報はもちろんのこと、業界情報を発信していきます!