コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

『白猫プロジェクト』エフェクトデザイナーブログ Vol.3
TEAM

『白猫プロジェクト』エフェクトデザイナーブログ Vol.3

ヤマ

2015年2月中途入社。『白猫プロジェクト』のエフェクトを作り続けて早4年。『白猫』のバラエティ豊かなエフェクトを作るのが好きで、リーダー職も務めてます。

前回に続き、『白猫プロジェクト(以下、白猫)』の5周年イベント(2019年7月14日~)で登場した新キャラクターを題材に、エフェクトの作り方をご紹介していきます、ヤマです。

5周年イベントでは新キャラが4体登場したのですが、エフェクト担当はキャラごとに異なりました。改めて、誰がエフェクトを作ったのか書き出してみると、新卒が2名、中途が2名で作っていました。

1 黒の後継者
 ∟ by Nomo(2016年中途入社)
2 セレナ
 ∟ by Matsu(2017年新卒入社)
3 ヴァイス
 ∟ by Funa(2018年新卒入社)
4 ネロ
 ∟ by Yama(2015年中途入社:私です)

さらにこの4名には共通点があって、入社以来『白猫』ひとすじのメンバーでした! なんて書くと、これから入社される方には「今からジョインするのは難しいのでは......」と心配されるかもしれませんが、ご安心ください。『白猫』エフェクトチームには毎年新メンバーが加わっていますし、希望すれば他タイトルへの異動も可能ですよ(笑)。

5周年イベントの新キャラ3体を、
エフェクト視点から読み解く!

私たちエフェクトデザイナーは、『白猫』の壮大なストーリーやキャラクターデザイン、モーションなどを考慮しながらエフェクトを作っていきます。

今回は私(ヤマ)以外の3名が、それぞれどんなことを考えて新キャラのエフェクトを作りあげたかをまとめました。
映像や画像とあわせてご覧いただくことで、一人ひとりのデザイナーに求められることや業務の裁量、考え方の共通点などが見えてくると思います。
(※ 「ネロ」についてはVol.2で詳しく解説していますので、ご関心ある方はこちらからご覧ください)

1 「黒の後継者」のエフェクト制作ポイント by Nomo

まずはエフェクトをまとめた映像からご覧ください。

【ベースの考え方】
ざっくり解説すると「黒の後継者」というキャラは、5周年イベント限定の『白猫』主人公の姿です。ストーリーが進む中で、彼は何度か姿を変えてきているんですが、とくに今回は "闇属性" から "無属性" になったので、エフェクトを作る際にも "どんな表現をするのがふさわしいか" よく考える必要がありました。
2019_Be-ars_shiro_Vol.3_1.png
歴代の立ち絵(左から順に、3周年の「闇の王子」、4周年の「闇の王子」、5周年の「黒の後継者」)を見比べて決めたのは、同一キャラクターとしての要素や表現を残すということと、属性は違うので、そのあたりは気を付けて制作を行うということでした。たとえば、緑色の宝石を強調することで、闇属性感を薄めています。

【ちょっとコアな注目ポイント】
2019_Be-ars_shiro_Vol.3_2.png
「黒の後継者」の通常攻撃は、モーションデザイナーがエフェクトに先行して作った動き(剣と双剣を組み合わせた鋭い動き)がとてもかっこよかったので、エフェクトもヒーロー感のあるかっこいいものにしたく、発光感を残しつつシャープで、かつ少しアニメっぽい表現を目指して作りました。
2019_Be-ars_shiro_Vol.3_3.png
また、過去スキルをイメージさせるような要素を多く取り入れています。たとえば「アクションスキル2」のフィニッシュは、3周年のときのスキルをオマージュして作ったり、「バースト技(特殊攻撃)」も元の主人公のスキルを参考に制作したりしています。
2019_Be-ars_shiro_Vol.3_4.png
【制作を終えて思うこと】
『白猫』はストーリーの展開に伴い、キャラクターも進化したり成長したりしていくので、エフェクトもその度にグレードアップしていきます。次がどんなストーリーになるかわかりませんが、今回の「黒の後継者」の次に、主人公がどんな変化を遂げていくのか、デザイナー自身も楽しみにしています。

2 「セレナ」のエフェクト制作ポイント by Matsu

まずはエフェクトをまとめた映像からご覧ください。

【ベースの考え方】
まず「セレナ」という新キャラのエフェクトは、これまでの周年イベントで登場していた「光の王」というキャラのエフェクトとの対比バランスを見て作られています。

キャラクターデザイン自体、「光の王」の色を反転をさせたときに出る色「黄・赤・黒・(& 少し青)」をベースに作られているので、スキルにもこのあたりの色を使用していますし、エフェクトも全体的に「光の王」と対等なバランスになるよう意識しながら作りました。ちなみに色を反転させたとき、実際は黒と黄色が多くなりますが、「セレナ」はアルカマル家に育てられたという設定なので、そのキーカラーである赤を印象的に見せるため、赤を多めに使っています。
2019_Be-ars_shiro_Vol.3_5.png
【ちょっとコアな注目ポイント】
「セレナ」は黒の王国時代(という大昔の世界)に通じるキャラなので、魔法陣もスタイリッシュというよりは、古典的な雰囲気にしています。それから呪文を唱えるので、魔法陣にも謎の文字列を多用しています。
また、「アクションスキル2」で魔法陣が消えるところでは、文字が光ってから浮かび上がって消えるなど、呪文の在り方にもなんとなく意味を感じさせるような演出にしています。完成形では一瞬の動きになりますが、作るときは文字をちょうどいいタイミングで動かすなど、細かな調整が地味に大変でした。
2019_Be-ars_shiro_Vol.3_6.png
【制作を終えて思うこと】
「セレナ」は、5周年のストーリーで大きく成長したキャラクターでした。今後は支えてくれたキャラクターたちの想いを受けつぐようなストーリーやスキルなどを見てみたいと、個人的には思っております!

3 「ヴァイス」のエフェクト制作ポイント by Funa

まずはエフェクトをまとめた映像からご覧ください。

【ベースの考え方】
「ヴァイス」は武芸者という設定だったので、"魔法感" よりも "衝撃波" や "爆発" といった物理ダメージを強く印象付けるようなエフェクトにしようと思いました。
アクションスキル2」で起こす "爆発" は、立ち絵で左手に掲げている "闇の球体" を再現しています。
2019_Be-ars_shiro_Vol.3_7.png
【ちょっとコアな注目ポイント】
「アクションスキル1」は、あらかじめ設定された演出時間が長く、単調になってしまう可能性がありました。それを防ぐため、段階を踏んで魔法陣が形成されるようにしています。
2019_Be-ars_shiro_Vol.3_8.png
ちなみに、スキル1は分身して2体で殴っているところに、一つひとつタイミングを合わせて "爆発" を入れています。スロー再生しながら何度も確認し、場所とタイミングを合わせるのがなかなか大変でした。

【制作を終えて思うこと】
過去に伏線などもない、まったくの初登場キャラだったのでかなり自由に作ることができ、楽しかったです。今回は5周年のストーリーを踏まえて、スキル演出もかっこいい系でまとめましたが、面白系のスキル演出も似合うキャラだと思うので、コメディ寄りの話で実装されたらどうなるか、見てみたいなと思います。

----------
以上、
5周年イベントの新キャラ3体について、エフェクトデザイナー視点から解説しました!
ゲーム内でエフェクトが表示されるのはほんの一瞬のことですが、この記事では、エフェクト部分を抽出してご紹介していますので、ぜひ目を凝らして見ていただけると嬉しいです。
次回もお楽しみに!