コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

コロプラのインフラチーム特別インタビュー
TEAM

コロプラを裏で支えるインフラエンジニア座談会

コロプラのインフラの部長

業務推進部

久坂祐介

部長

コロプラのインフラのエンジニア

業務推進部

T.N

エンジニア

コロプラのインフラのエンジニア

業務推進部

K.J

エンジニア

ゲームアプリやインターネットサービス等で「メンテナンス中」という言葉は目にしたことがあるはず。 その間は、サービスが利用できないことが多いですが、コロプラでは「いつでもゲームを遊んでいただきたい」。 だから「できる限り運用を停止しないこと」を目標に日々奮闘しています。 そんな想いを抱くインフラチームが、サービスの裏側について話してくれました。

ひとりで1000台規模を対応できるまでに成長

インフラチームの仕事って、一般的にはあまり知られていませんよね?

久坂:そうですね。端的にいうとコロプラのゲームコンテンツ以外の全システムの裏側を担当しています。幸いなことに規模は次第に大きくなっているんですが、現在は10人以下のメンバーで対応しています。全ての行程を対応できるようにして、リーダークラスの人なんかは、ひとりで1000台規模を対応できるまでに成長しましたね。

えっ!ひとりで1000台規模?

久坂:社外からも驚かれることが多いんですよ。メンバーの成長と責任感が大きいんですが、それ以外の3つのポイントは「ひとりひとりが責任者として、一定の裁量権を持つ」「どこにも依存しないオープンなシステム」「内部だけで完結し、特定の担当性を設けない」こと。これを維持し続けていることで規模が大きくなっていても対応できているんじゃないかと。規模に応じて手段や範囲も増えるんですが、チームもそれに比例して成長していけるので面白いんですよ。これぞ、インフラエンジニアの醍醐味ですね。

求む、緊迫した状況

コロプラは急成長し続けているので、トラフィックが大きいのでは?

久坂:振り返ると『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』で利用者が増加したときが、一番苦労しました。CMが始まったタイミングで予想を超える伸び率を記録したので、ここまでかと驚きました。



エンジニアN:毎日どんどん増えていきましたね。



久坂:大人の事情で数字はいえませんが(笑)クラウドサービスでサーバを増やそうとしたら「もうサーバが足りないよと警告がでてしまう」ぐらい。社内で緊急負荷対策プロジェクトが発足されて、インフラチームだけでなく、各所の開発メンバーから精鋭を集結して対応しました。誰もが「サービスを止めないことが重要だ!」と必死に対策してました。

緊迫した状況ですね。

久坂:でも、純粋に楽しかったです。未知なるトラフィックに対応することはインフラエンジニアにとって最大の見せ場でもあります。また、コロプラの魅力のひとつですが優秀なエンジニア達が一同に集まって対応しているので成長できるチャンスでもあります。緊迫している中ですが、エンジニア的にはどこまで伸びるんだろうなと逆にワクワクしてましたよ。



エンジニアJ:まあ、腹くくってやるしかないですしね(笑)。私がコロプラに転職した理由って、巨大なトラフィックをさばくことだったので、願いが叶ったとも言えますね。



久坂:そうそう、もう一つ大事なこと、サーバを増やすにも限界がありますので、OSやDBのチューニングなどで、1台あたりのリミッターを解除して限界突破するのが重要なんです。もう、3日後には止まってしまうじゃないかといった状況で、サーバで接続上限のエラーが出ていて、彼が(エンジニアN) が止まるぐらいだったらと、オンラインで設定値をダイナミックに変えて解決した際は「おぉー!」と歓声があがりました。このあたりもエンジニアの腕の見せ所です。



エンジニアN:満面の笑み(笑)



IMG_4972のコピー.jpg

頼られる喜びと、頼られる責任感。

その頃、チームは何人?

久坂:当時はこの3人だけです。こちらの対応をしている最中にも、ほかのタイトルのエンジニアの方々から相談がくることがありましたので、同時並行で対応していました。こんな時でも、いつでも相談に乗りますよのスタイルは徹底して貫いていましたね。



エンジニアN:頼られると、嬉しいですから。それは日々、いろいろと解決してきたことが積み重なって、社内の人と信頼関係が生まれたという証明ですから。



久坂:そうそう。どんなに忙しくても、こういった姿勢がインフラを支えていますね。平行で対応できる能力がつくので、技術力だけでなく、仕事のスピードもあがっていってますね。



すごく鍛えられそうな環境ですね。

久坂:成長できる環境なのは間違いないです。エンジニアとしてだけでなく、いちサービス運用者としての意識もです。コンテンツを運営しているのはわれわれも一緒なので、サービスを止めるのは絶対に避けたいという強い信念があるんです。その苦労を買ってでもやるのはユーザー様にいいものを届けたいから。僕らもコンテンツの運用に一生懸命関わっているんです。開発の人たちとも密に連携して、対等にモノづくりをしているような関係性なんです。

メンテナンスをしないことにとことん拘っているんですね。

エンジニアN:例えば、メンテナンス明けに急にトラフィックが増えると、トラブルが起こることがあるんですよ。そうした事態を防ぐこともできています。



エンジニアJ:止めないように、裏で懸命にがんばっています(笑)。