コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

SPECIAL

就活・転職活動中のクリエイターに届けたい!コロプラ「ベアーズ」が目指すもの

コロプラの「ありのまま」を伝えたいから、メディアを始めました

毎年各社が力を入れて取り組む「採用サイト」制作。工夫を凝らした企画モノや最新のデザインを盛り込んだサイトが多いなか、この度コロプラは、「メディア」という形で情報発信をすることを選びました。
話題性の高い採用サイトではなく、なぜ「メディア」を選んだのか? それは、これまで幾度もの採用ターンを繰り返すなかで感じた課題があり、それを解決できるのはこの形しかないと考えたからです。

その課題とは、

⑴採用サイトが出るのは年に一度。ひとたびリリースされれば情報はそこから更新されない。しかし、採用の期間は情報収集から内定まで半年以上。その間に情報が古くなってしまう。もっとリアルタイムな情報を伝えたい。
⑵「企画モノ」は、企業の存在を知ってもらったり、印象づけたりするにはいいが、さらなる興味喚起に繋がりづらい。会社に対してより深い興味を持ってもらうためには真摯な情報発信が必要なのでは。

というもの。

だからコロプラは、「現場の情報」「継続的」に伝えることができる「メディア」を展開することに決めました。

『Be-ars』の2つの意味、「クマ」と「芸術家」

『Be-ars(ベアーズ)』というタイトルには、2つの意味があります。ひとつめは、コロプラのコーポレートキャラクターである「クマ」。そしてもう一つは「芸術」という意味です。
芸術や才能、技術を表す「Art」の語源であるラテン語の「ars」から名づけて、頭に「Be」がつくことで「boys be ambitious(少年よ大志を抱け)」のごとく「芸術家であれ」という意味を込めました。

また、デザイン全体で心がけたのは「シンプルであること」
サイトを彩るのはデザインではなく、あくまで「コロプラ社員」ひとりひとり。彼らの魅力を活かすためにも、飾らないデザインにしています。

記事を読んで共感した人は、本質的にコロプラに合っている

『Be-ars』のターゲットは、求職者だけではなくすべてのクリエイターやエンターテインメントに興味のある方達です。そのため、記事は、単なる紹介記事ではなく、「コロプラクリエイター達の知識や考え方、アイディアを読者のみなさまと共有すること」を目的に作られています。

記事には「働く人を知る」 「チームを知る」「コロプラNEWS/イベント」「VR/特集」の4つのカテゴリがありますが、なかでもBe-ars編集部がぜひ読んでいただきたいと思っているのが、「働く人を知る」「チームを知る」の記事です。この2つはインタビュー記事の形式をとっていますが、決して綺麗な言葉で飾り立てたり、誘導型の質問で回答を引き出すことはしていません。逆に、その人だけのストーリーを本人の言葉で語ってもらうことで、隠れた情熱や創造の源を浮き彫りにすることに徹しました。

お届けするのはあくまでも、「クリエイターのための情報」ですが、様々な記事を通じて、コロプラの真の姿が浮き彫りになる。そんな、メディアでありたいと思っています。

続けていくことで見えてくるものがあるはず。今はただ、ワクワクしています

簡単に『Be-ars』リリースに至る経緯と見どころを説明してきましたが、メディアとしてはまだまだ始まったばかり。スタート地点に立ってこれから歩む道のりを眺めると、「続ける」ことの難しさを感じます。でも、考え方を変えればそれは、たくさんの可能性が詰まっているということ。

そんな『Be-ars』を通じて、みなさんに記事をお届けできることが楽しみで仕方ありません。

これからどうぞ、よろしくお願いします。

_コロプラのクマのぬいぐるみと東京タワーと夜景が写った写真画像