コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

『白猫プロジェクト』の飛行島も登場!?  コロプラ企業カレンダーメイキング Vol.11
SPECIAL

『白猫プロジェクト』の飛行島も登場!? コロプラ企業カレンダーメイキング Vol.11

こんにちは、Be-ars編集部です。
約1年にわたり公開してきた「2017コロプラ企業カレンダーメイキング」の連載も、残すところ今回を含め2回となりました。
Colopl_Be-ars_fe_calen12_800_533_01.jpg
今月も、コロプラ企業カレンダーのメイキングを大公開します!


カレンダー制作のなかで最も悩んだのが11月。
「食欲の秋か、芸術の秋か、スポーツの秋か......」
「これまでの10か月と、雰囲気が違うものにしたい」
「細部まで楽しめるモノを作りたい」
とみんなで話し合ったところで、デザイナーが描いたラフがこちら。
Colopl_Be-ars_fe_calen12_800_533_03.jpg
クマが美術館を訪れて、芸術鑑賞をしているという設定です。
それぞれどんな素材でどんなふうに作られたか、一つずつ見ていきましょう。
Colopl_Be-ars_fe_calen12_800_533_04.jpg
1 額の中のビジュアル
左から順に『ドラゴンプロジェクト』のメインビジュアル、クマの好物ハチミツの絵画、『白猫プロジェクト』の飛行島、『熊』の書、『コロニーな生活』をイメージしたイラスト、毛色が白と黒の『猫』の写真です。

2 キャプション
より美術館らしく感じられるように、額の横にキャプション(額の横にある白い四角)を設置しました。この写真ではさすがに小さくなって読めませんが、実際にはビジュアルに関連した文言も入れています。

3 ポール
絵と鑑賞者の間に立てるポールは、丸棒を加工して制作し、金メッキのスプレーで塗装しました。

4 額
およそ15cmのクマのぬいぐるみの背丈に合う額は編集長の私物で、額屋さんで集めたそうです。
Colopl_Be-ars_fe_calen12_800_533_05.jpg
撮影のポイント
美術館らしい柔らかな照明にし、室内の暖かな感じが出るようにしました。
Colopl_Be-ars_fe_calen12_800_533_06.jpg
Colopl_Be-ars_fe_calen12_800_533_07.jpg
次回は12月で、ついに最終回を迎えます。