コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

SPECIAL

『ルーヴル No.9 〜漫画、9番目の芸術〜』展(音声ガイド:神谷浩史さん)への誘い

『モナ・リザ』をはじめ、世界中の人々を魅了してやまない逸品を収蔵する、ルーヴル美術館。改めてご紹介するまでもない、フランスが誇る美の殿堂ですが、同館による「漫画」をテーマにした展覧会『ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」』の開催が、漫画の国ニッポン(東京・六本木)で決まりました!

漫画好きな人が多いコロプラでは、参加アーティスト(荒木飛呂彦、谷口ジロー、松本大洋、五十嵐大介......)の名前を見ただけで盛り上がり、気づけば「Be-ars」編集部員は記者発表会に行っておりました。

ちょうど夏休み(2016年7月22日(金)~9月25日(日))の開催ですので、一足先に、ちょっとレポートしちゃいます♪

荒木飛呂彦-01.jpg

「ルーヴル美術館の魅力をもっと多くの方に知ってほしい」という思いからフランス・パリで始まった「ルーヴル美術館BDプロジェクト」。「BD(ベーデー)」とは、フランス、ベルギーを中心に発展してきた漫画文化「bande dessinée(バンド・デシネ)」の略称で、近年では、評論や研究の対象にもなっています。

諸説はあるものの、フランスにおける芸術の序列は、第1から8まで順に「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」とされていて、このたび「漫画」が「9番目の芸術」として紹介されることになった、というのが今回の展覧会タイトルにある「No.9」の意味です。

日本の漫画家を含むフランス内外の著名な漫画家12人が、このプロジェクトのために「ルーヴル美術館」をテーマにした漫画を制作。また本展のために、4人の日本人著名漫画家が作品を書き下ろすとのこと。大理石彫刻『サモトラケのニケ』のように具体的な作品を描いた作品もあれば、美術館の外観や内観とオリジナルキャラクターをコラボレーションさせた作品もあるという、見どころ満載の大展覧会になります!(展示される原画や資料の数は300点を超える予定とのこと)。

松本大洋-01.jpg

五十嵐大介_坂本眞一-01.jpg

本展に出品される作家作品のうち、すでに11作品は漫画本となって出版され、日本では、荒木飛呂彦氏の『岸辺露伴ルーヴルへ行く」(集英社)や、谷口ジロー氏の『千年の翼、百年の夢』(小学館)などが発売中です。また、本展の「音声ガイド」は、声優の神谷浩史さんが担当することが決定! 神谷さんのあの声で作品解説を聞きながら、好きな漫画家の作品を鑑賞できるという、またとないチャンスです!

ビラルと表紙装丁.jpg

最後になってしまいましたが、記者発表会では、ルーヴル美術館 文化制作局 出版部副部長のファブリス・ドゥアール氏や、駐日フランス大使 ティエリー・ダナ大使らが登壇し、「同展が世界で初めての『bande dessinée(バンド・デシネ)』の展覧会であり、日本の皆さまに見ていただけるのが嬉しい」との意気込みが語られました。

そして記者発表会の後わりには、女優の菜々緒さんも登場!「ルーヴル No.9」展の女神(ミューズ=ギリシャ神話における、芸術を司る女神)に就任されたとのことで、決めのポーズも取ってくれました。同展では漫画家・坂本眞一さんによって、菜々緒さんをモデルにした描き下ろしも展示されるそうなので、そちらもお楽しみに!

ac28ab4ebedca6543dd781a2aa342fd6e62b7156.jpg

開催概要

会期   2016年7月22日(金)~9月25日(日)

開館時間 10:00ー20:00(最終入場 19:30)※会期中無休

会場   森アーツセンターギャラリー

     東京都港区六本木6-10-1(六本木ヒルズ森タワー52階)

※ 東京開催の後、2016年12月1日(木)から2017年1月29日(日)まで大阪、その後は福岡、名古屋でも開催予定(詳細は公式Webサイトでご確認ください)。