コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

  • ポテンシャル採用
  • キャリア採用
  • 障がい者採用
  • アルバイト採用
採用情報を発信しているSNSはありますか。

ございます。随時情報を更新していますので、ぜひご利用ください。

Twitter https://twitter.com/bears_colopl

Facebook https://www.facebook.com/coloplrecruit/?ref=aymt_homepage_panel

チーム体制や、現場の雰囲気を教えてください。

プロジェクトごとに企画、エンジニア、デザイナーが集まり新規開発や運営をしています。
2017年1月にエンジニアとデザイナーを集結させたクリエイティブ本部を発足し、「人」にフォーカスし適材適所を意識したプロジェクト運営をおこなっています。プロジェクトチームごとに少人数から大人数まで様々ですが、共通しているのは、 みんなで意見を出し合い、ゲームを制作していくというスタイルです。たとえば「エンジニアはコードを書くだけでいい」とか「デザイナーはデザインだけすればいい」 というようなことはなく、アイディアがあれば積極的に意見を出し合い、みんなでゲームを面白くしていきます。

今後も新規ゲーム開発は行いますか?

もちろん、新規ゲーム開発は常にしています。
新規企画は、常に誰でも(部署や職種に関係なく)提案できるようになっています。社長の馬場から方向性を示されて作り始めることもありますし、チームで「こんなゲームを作りたい」と話したことがきっかけで、制作がスタートすることもあります。多くの場合、最初は数名のメンバーで集まり、試行錯誤しながら進めていきます。

コロプラならではの文化や特徴を教えてください。

転職してきた社員の声としてよく聞くのは、「クリエイターにとって働きやすい環境」というものです。社員の健康を気遣った福利厚生や制度運営があり、また会議室でのMTGが少なく、簡単な話し合いは立ちミーティングですぐに済ませるなど、ものづくりのに専念できる環境づくりを重視しています。また、お互いに挨拶をする文化も根付いていて、同じプロジェクトに参加していなくても全社で良いサービスを提供したい、協力し合おうという文化があります。

福利厚生について、教えてください。

長く健康的に働いていただけるように様々な試みをしていますが、さらに必要なものが出てくれば、積極的に導入を進めていきます。
詳細は以下のページからご確認いただけます。

https://be-ars.colopl.co.jp/recruit/summary/welfare/

入社後の配属は、「既存ゲームの運営」と「新規開発」のどちらになりますか?

基本的には、まず会社に馴染んでいただくために、既存ゲームの運用から業務に携わっていただきます。 そこから継続して運営を担当していただくか、新規開発を担当していただくかを判断していきます。 一方で、ご本人経験や得意な領域と、その時のプロジェクトの状況を照らし合わせた結果、初めから新規開発を担当していただくこともあります。

女性社員で結婚、出産されている方のワークスタイルを教えてください。

育児休暇後は、その方のライフスタイルに合わせ、定時をずらした時差出勤や時間短縮勤務を 選択していただきます。このほかコロプラには、「こども看護休暇」や「はれのひエール」など、家庭を持つ社員が快適に働けるよう作られた独自の制度「はたらくま+」があります。

働くママを支援する福利厚生制度について、ママたちに聞いてきました

社内で、勉強会や研修などはありますか?

COLOPL COLLEGE」という研修制度があります。社員個人の成長のサポート、役職者に必要な研修を実施しています。

新卒(ポテンシャル採用)でも、ヒットタイトルに携わることはできますか。

もちろんできます。 おなじみの『白猫プロジェクト』や 『クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ』などのヒットタイトルは、 先輩社員から新卒社員までが一丸となって制作しています。

新卒(ポテンシャル採用)でデザイナー職を希望していますが、3DCGソフトを使った経験がありません。 採用される可能性はありますか。

あります。 たとえば学生時代に日本画や油絵などを専攻していて、3DCGソフトの使用経験がなかった方が入社するということはよくあります。ある社員の場合、圧倒的なデッサン力があったため、空間把握力があると見込んでの採用となりました。 3DCGソフトに関しては入社後の研修でも学ぶことができますので、画力に自信がある方は、ぜひ応募してみてください。

コロプラのデザイナーたちが、学生時代に作ったポートフォリオを公開!

https://be-ars.colopl.co.jp/gallery/portfolio/
プログラミングには自信があるのですが、ゲーム業界で働いた経験はありません。採用される可能性はありますか。

ゲームを作った経験がなくても、全く問題ありません。業務に必要な情報は入社後の研修などでお伝えしますので、安心してエントリーしていただければと思います。

他のセクションとの交流はありますか?

もちろん、日常的にあります。担当プロジェクト以外のレビューをすることもありますし、テレビCMやリアルイベントの監修をする際には他部署のメンバーと連携して業務を進めます。
また、全社員が参加するキックオフパーティーや部活動制度もあり、プロジェクトや職種の垣根を越えてく繋がれる環境があります。

コロプラでつながる。そのひとつが部活です。

https://be-ars.colopl.co.jp/company/club0001/000285.html
「働き方改革」について取り組んでいることがあれば、教えていただけますか。

コロプラでは、単に労働時間を抑制するだけではなく、多様なライフスタイルに対応しながら時間や空間をいかに効率的に活用・共有していくかなども含めた環境づくりが重要だと考えています。その取り組みの第一歩として『裁量労働制の原則廃止 & フレックスタイム制導入』『深夜(22時以降)の残業を原則禁止』『休日出勤の原則禁止』を導入しました。これからも社員が長く安心して働ける「いい会社」づくりを推進していきます。

「コロプラ流・働き方改革」半年間の変化【22時以降の残業禁止〜裁量労働制の廃止】

https://be-ars.colopl.co.jp/company/hatarakikata.html

ポテンシャル採用トップ

中途(キャリア)採用の比率を教えてください。

直近3事業年度の期末(9月末時点)の正社員の中途採用の比率です。現在は13期であり、10期が65.5%、11期が72.0%、12期が67.0%です(2021年1月21日現在)。

チーム体制や、現場の雰囲気を教えてください。

クリエイター職の方が所属する部としては、エンジニアとデザイナーが集まる【クリエイティブ本部】と、プランナーとシナリオライターが集まる【エンターテインメント本部】があり、適材適所を意識したプロジェクト運営をしています。
少人数から大人数まで様々なチームがありますが、共通しているのはみんなで意見を出し合い、ゲームを制作していくというスタイルです。たとえば「エンジニアはコードを書くだけでいい」とか「デザイナーはデザインだけすればいい」 というようなことはなく、アイデアがあれば積極的に意見を出し合い、みんなでゲームを面白くしていきます。

今後も新規ゲーム開発はおこないますか?

もちろん新規ゲーム開発はおこなっています。コロプラでは常に新しいゲームを世に送り出すことを重視しています。
新規企画は、常に誰でも(部署や職種に関係なく)提案できるようになっています。社長の馬場から方向性を示されて作り始めることもありますし、チームで「こんなゲームを作りたい」と話したことがきっかけで、制作がスタートすることもあります。多くの場合、最初は数名のメンバーで集まり、試行錯誤しながら進めていきます。

コロプラならではの文化や特徴を教えてください。

転職してきた社員の声としてよく聞くのは、「クリエイターにとって働きやすい環境」というものです。社員の健康を気遣った福利厚生や制度運営があり、また会議室でのミーティングが少なく、簡単な話し合いは立ちミーティングですぐに済ませるなど、ものづくりに専念できる環境づくりを重視しています。また、お互いに挨拶をする文化も根付いていて、同じプロジェクトに参加していなくても、良いサービスを提供するために協力し合うといった文化があります。

福利厚生について、教えてください。

社員に長く健康的に働いていただけるよう様々な試みをしておりますが、さらに必要なものが出てくれば、積極的に導入を進めていきます。

詳細はコロプラのWork & Life支援制度「コロプラネット」からご確認いただけます。

入社後の配属は、「既存ゲームの運営」と「新規開発」のどちらになりますか?

基本的には、まず会社に馴染んでいただくために、既存ゲームの運用から業務に携わっていただきます。 そこから継続して運営を担当していただくか、新規開発を担当していただくかを判断していきます。 一方で、ご本人経験や得意な領域と、その時のプロジェクトの状況を照らし合わせた結果、初めから新規開発を担当していただくこともあります。

女性社員で結婚、出産されている方のワークスタイルを教えてください。

育児休暇後は、その方のライフスタイルに合わせ、定時をずらした時差出勤や時間短縮勤務を選択していただきます。このほかコロプラには、「こども看護休暇」や「はれのひエール」など、家庭を持つ社員が快適に働けるよう作られた独自の制度があります。

働くママを支援する福利厚生制度について、ママたちに聞いてきました

社内で、勉強会や研修などはありますか?

はい、社員一人一人の成長サポートはもちろん、役職者に必要な研修等も実施しています。 気づけばコロプラの文化の一つになっている「技術共有会」は、同じ職種の人が集まり、意見交換ができるのは貴重かつ有用! ということで、エンジニアやデザイナー、新卒社員の有志を中心に実施されています。また、「コロプラカレッジ」という、社員の成長やスキルアップ支援を目的とした研修制度もあり、社内で著名人講演会やセミナーなどを受講することができます。

詳細は以下のページ(コロプラのWork & Life支援制度「コロプラネット」)からご確認いただけます。

https://be-ars.colopl.co.jp/recruit/summary/welfare/
コロプラはゲーム以外の事業も取り組んでいるのですか?

はい、取り組んでいます。位置情報を活用し、主に全国の自治体や鉄道会社といった事業会社向けの位置情報分析コンサルティングサービスの提供、スマートフォン特化型リサーチサービス『スマートアンサー』をはじめとするアプリ開発、そしてゲームIPを利用したアニメ化、グッズ販売などのクロスメディア展開などをしています。

コロプラの3つの仕事を知る

平均年齢や男女比を教えてください。

2020年6月末時点の平均年齢は32.3歳で、中途入社の方は若手からベテランの方が幅広く活躍しています。その他、各種データも以下のページからご確認いただけます。

DATAでコロプラ

オフィスや社員の雰囲気を教えてください。

オフィス環境はパーテンションがなく社員同士のコミュニケーションが取りやすい環境です。ものづくりに対して熱い想いをもった社員が集まっているため時には黙々と、時には活発な意見が飛び交う中で業務をおこなっています。広いリフレッシュスペースにはゲームコーナーやライブラリースペースもあるため、社内にいながらしっかり休息することが可能です。オンオフを切り替えながら業務に集中できる環境が整っています。

開発環境や取り入れている技術、ツール等を教えてください。

デザイナーにはデスクトップ(2Dの方はiMac、3Dの方はWin)、デザイナー以外にはノート型PCとモニターを支給しています。共通エンジンはUnityを使用しており、各職種ごとの開発環境は職種ごとの求人情報(募集職種)からご確認ください。

「働き方改革」について取り組んでいることがあれば、教えていただけますか。

コロプラでは、単に労働時間を抑制するだけではなく、多様なライフスタイルに対応しながら時間や空間をいかに効率的に活用・共有していくかなども含めた環境づくりが重要だと考えています。その取り組みの第一歩として『裁量労働制の原則廃止 & フレックスタイム制導入』『深夜(22時以降)の残業を原則禁止』『休日出勤の原則禁止』を導入しました。これからも社員が長く安心して働ける「いい会社」づくりを推進していきます。

「コロプラ流・働き方改革」半年間の変化【22時以降の残業禁止〜裁量労働制の廃止】

https://be-ars.colopl.co.jp/company/hatarakikata.html

キャリア採用トップ

募集職種はずっと同じですか?

随時更新して参ります。

障がい者採用トップ

募集職種はずっと同じですか?

随時更新して参ります。

アルバイト採用トップ