コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

「逆求人イベント」で採用活動にも参加するサーバーサイドエンジニア
PEOPLE

「逆求人イベント」で採用活動にも参加するサーバーサイドエンジニア

浅山 陸

サーバーサイドエンジニア

高等専門学校卒業後、大学の電子情報工学部に編入し、大学院を修了。逆求人イベントでコロプラと出会い、2016年新卒入社。現在、運用中タイトルのサーバー部署でタスクマネジメントも担う。

ゲーム業界は考えていなかったけど、
逆求人イベントで「コロプラっぽい」と言われ、興味を持った

子どもの頃から電子工作が好きで、地元の高専でプログラミングを勉強していました。Visual Basic、C言語、C♯、PHPなど、授業で新しい言語を学ぶたびにその言語を使ったモノづくりに夢中になっていました。自分が作ったものを友だちや家族に見せて、反応を見るのが一番のモチベーションでしたね。

ちなみに最初に作ったのはスロットゲームで、その次が野球育成ゲームでした。でも、しょぼいゲームだったので友だちはぜんぜん遊んでくれなかった(笑)。それからは自分で使えるものを作ろうと思って、勉強の暗記用アプリを作ったりしていました。

高専を卒業して、大学の電子情報工学部に3年次から編入したんですが、大学に入った途端、就活シーズンになってしまいました。もう少し勉強したいと思ったので、大学院への進学を決めました。何か大きなことがしたくて、当時流行っていたビッグデータ分析の研究をしていましたね。

そうした研究をしていたこともあって、就活の際にぱっと思い浮かんだのが某大手IT企業でした。面接を受けたら無事受かったので、その会社に行く気満々だったんですけど、内定前にもっといろんな企業を見てみたいと思って、逆求人イベントに参加することにしたんです。
学生がブースを設けて、大学で研究してきたことや自分が作ったものを見せながら自己アピールするという就活イベントなんですが、1日に10社くらい面談するなかでコロプラと出会いました。

そのときはゲーム業界にまったく興味がなかったのですが、コロプラの人事の方から「すごくコロプラっぽいね」って言われて(笑)。当時その意味はわからなかったけれど、とにかく面談で会った他の企業と何かが決定的に違って、コロプラだけは対等に接してくれている印象でした。それがきっかけでコロプラに興味を持つようになり、面接試験を受けて、2016年に入社しました。

Colopl_Be-ars_pe_R.A_800_533_1.jpg

優秀なエンジニアが書くコードは、
見るだけで勉強になる

研修の後、サーバーサイドエンジニアとして『白猫プロジェクト』に携わりました。当時は2周年を迎える直前で、「2年近く経っているのに、改善するところがあるのか?」と思っていましたが、実際は毎週のように新しい施策を追加してゲームを刷新していかないとユーザーさまに満足してもらえない。挑戦し続けるチームの姿勢に共感しましたね。

『白猫プロジェクト』でサーバーサイドの基礎を学んだ後、『DREAM!ing』の新規開発に初期段階から入りました。開発期間はサーバーへの接続があまりないので、そのプロジェクトでは主にゲームプログラマーとしての仕事をしました。Unityは研修で学んだ程度だったので、とにかくチームの先輩に聞いて、戦力になれるようがんばりましたね。

そのエンジニアの先輩は、社内でもトップクラスのスキルを持った方で、クライアントサイドの知識が皆無だった自分をコーディングで引っ張っていってくれる心強い存在でした。人によって実装の仕方は異なりますが、優秀なエンジニアが書いたコードは一目で誰が書いたかがわかりますし、他の人が実装する際に迷うことがないように配慮されているんです。そうしたコードを読むだけでも勉強になります。

その後、新規プロジェクトの開発チームに異動して、サーバーサイドエンジニアの仕事に戻りました。優秀なサーバーサイドエンジニアが結集していて、とてもわかりやすい綺麗なコードになっていたので、大変だと感じることはほとんどありませんでした。新イベントを作るにしても、極力シンプルな作りにするなど、今後の運用工数が少なくなるように考慮されているんですね。今はサーバー部署のタスクマネジメントもさせていただいているのですが、ひとつのプロジェクトを任されている責任感があって、やり甲斐を感じています。

Colopl_Be-ars_pe_R.A_800_533_2.jpg

「コロプラっぽい」の意味がわかってきた。
最近は逆求人イベントにも出没しています(笑)。

コロプラはスモールチームで開発するのが特徴です。今携わっているのは大人数のプロジェクトですが、新しい施策ごとに少人数のチームを組んで作っていきます。それを他のメンバーに評価してもらって検討を重ねてからリリースする。だから、ただ言われたことをこなすような雰囲気ではなくて、みんなが自分のやるべきタスクを探して仕事をしています。

みんなで意見を出し合っていいものを作ろうとする。これが「コロプラっぽい」ということかな、と最近感じています。職種をまたいで意見が出せる環境なので、たとえばプランナーの案に対して、「サーバーの負荷が大きくなるからそれはやめたほうがいい」といった意見も言うことができます。ちゃんと根拠さえあれば意見が通るので、僕も積極的に意見を出すようにしていますね。

一方で、そのゲームのことをよく知っていないと、安易に意見は出せないと思うことはありますね。実は『白猫プロジェクト』の運用に携わっていたとき、僕はアクションゲームが苦手で、やり込むことができなかった。他のメンバーに比べると知識量が足りなくて、発言に迷うようなことが多々あったんです。その反省から、現在所属しているプロジェクトでは日本一プレイしているんじゃないかと思うほどやり込んでいます。

ところで最近は、エンジニアの僕も逆求人イベントに関わっています。僕自身、逆求人イベントがきっかけでコロプラに入社したので、上司から声がかかったときは「やります!」と即答しました。もともとゲーム業界に興味がある人は自然とコロプラにも関心を持つと思うんですが、以前の僕のように、Web業界やSEなど非エンタメ系を志望している方にもコロプラの魅力を伝えたいんです。もしかしたら、今度は僕が「コロプラっぽいね」と言っているかもしれませんね(笑)。

Colopl_Be-ars_pe_R.A_800_533_3.jpg