コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

『白猫プロジェクト』の人気キャラを生んだ2Dデザイナーが語る、新キャラ作りの秘訣
PEOPLE

『白猫プロジェクト』の人気キャラを生んだ2Dデザイナーが語る、新キャラ作りの秘訣

N.K

2Dデザイナー

美大のマンガ学部卒業後、2016年に2Dデザイナーとして新卒入社。新卒研修後、『白猫プロジェクト』運営チームに配属され、主にキャラクター制作のディレクション業務に携わる。

プレイするよりゲームのビジュアルを
眺めるのが好きだった

子どもの頃からゲームが好きでしたが、自分でプレイするより、人がプレイしているのを見るのが好きでした。というのも、私はゲームのビジュアルを見るのが好きなんですね。

ゲームの攻略本のイラストを眺めていると本当に楽しくて、もう夢中になって見ていました。奥のほうまで描きこまれた背景とか、アイテムや装備品のグラフィックを見ているとそれだけでワクワクして、高校生の頃には「ゲームの世界観を作るデザイナーになりたい」と思うようになっていました。
デザイナーになるには画力が必要だと思って、美大のマンガ学部に進学しました。主に風刺画やユーモアのある1コマ漫画の作り方を学んで、クロッキーの練習をたくさんしましたね。

就職活動ではもちろんゲーム業界が第一志望で、最初に面接を受けたのがコロプラでした。クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』や『白猫プロジェクト(以下、白猫)』はリリース当初からプレイしていて大好きでしたし、イベントのサイクルも早いので、「私もひとつくらいキャラクターを描かせてもらえるんじゃないか」って思ったんです(笑)。

入社してからは、新卒研修で『ドラゴンプロジェクト』や新作ゲームのチームを回った後、『白猫』の運営チームに配属されました。
私は2Dデザイナーとしてキャラクターイラストを描くこともありますが、基本的にはディレクション業務を担当しています。イベントのビジュアル担当として、協力会社の作家さんや社内のイラストレーターにイラスト制作の依頼をしたり、その後の監修をしたりするのが主な仕事です。

もともと私はイラストを描きたいというより、キャラ設定や世界観作りに関わりたいという思いのほうが強かったので、これ以上ないくらい、自分がやりたかったことができていると思いますね。忙しいときももちろんありますが、いろんなイラストを見ることができるポジションなので、日々楽しくやっています。

ちなみに新卒デザイナーの場合、ディレクション業務をメインにするか、制作業務をメインにするかは適正によって決まりますが、コロプラは「やりたい」と申し出れば、必ずチャンスをくれる会社です。
たとえば、ディレクション業務をメインにしている人でも「イラストを描きたい」と希望すれば、そのための環境を整えてくれます。実は私も以前、『ドラゴンプロジェクト』チームの "UI・お知らせ班" にいたとき、希望を出して "装備デザイン" を描かせてもらったことがあります。
Colopl_Be-ars_pe_N.K_800_533_1.jpg

「引き出し」を増やすために
流行りのコンテンツをチェック!

ゲームのイラストに関するディレクション業務は、まずプランナーが決めたコンセプトに沿ってビジュアルを考えるところから始まります。イラストの依頼や監修をする側には、絵の良し悪しがわかり、絵をある程度描くことができて、かつ引き出しを多く持っていることが求められます。

学生時代、私はアート系のイラストにしか興味がなくて、流行りのものをあまり知りませんでした。でも流行っているものには、多くの人が求めている何かがある。コロプラに入社してからは、そこに人が何を感じているか、知っておくほうがいいと思うようになりました。

プライベートの時間では、ゲームはもちろん、アニメやマンガなど流行っているものを意識的に見ます。仕事にもつながりますが、趣味でもあります(笑)。いろんなものを見て自分の引き出しを増やした上で、「私はこういう表現をしよう」と考えていくんです。

『白猫』はリリースから4年以上続いているタイトルで、キャラもたくさんいますので、すでにリリースされているキャラクターと同じモチーフでキャラクターを作ることもあります。でも一方で、世の中の流行りが変化していて、ユーザーさまの感覚も日々更新されているので、新たに作るキャラは過去のキャラとだいぶ違うビジュアルになるものなんです。だから新キャラ作りの可能性は、まさに無限大だと思います。
Colopl_Be-ars_pe_N.K_800_533_2.jpg

絵のセンス+ひとつの強みがあれば、輝けるはず!

2Dデザイナーの仕事をしていて面白いと思うのは、自分がデザインしたキャラが動き、育っていくことです。エンジニアがコーディングしたり、実際のゲームをユーザーさまがプレイしたりすることで、キャラが育っていくんですよね。そして、そのキャラとの思い出ができたり、推しキャラになったりするなど、それぞれのユーザーさまにとって特別な存在になっていくことが、ゲームの素敵なところだと思っています。

自分がディレクションしたキャラクターデザインに対して狙いどおりの反応があると嬉しくなりますし、逆の場合も当然あります。『白猫』はとくにキャラ愛が強いユーザーさまが多くて、反響も大きいのでプレッシャーもありますが、そのぶん、やり甲斐を感じますね。

2Dデザイナーは絵が描けるだけでなく、プラスで何か得意なものがひとつあると、より輝ける職種だと思います。ゲーム制作の現場ではプランナーやエンジニアといった他職種の方と相談しながら進めていくことが多いので、たとえば "コミュニケーション力" とか、コンセプトに沿って適切なデザインに仕上げる "理解力" とか、イベントを立ち上げるときに提案できる "企画力" などがあるといいですよね。
これから入社される方にも、自分の強みを活かしてどんどんトライして、輝いてほしいと思います。
Colopl_Be-ars_pe_N.K_800_533_3.jpg