コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

コロプラのデザイナー
PEOPLE

美大卒業後、ゲーム業界で知ったものづくりの楽しさ

コロプラのデザイナー

大山源

デザイナー

大学でグラフィックデザインを専攻後、ゲーム会社へデザイナーとして入社。UIデザイン、3Dデザインを手掛ける。フリーランスとして活動した後、2012年にコロプラへ転職。

美大卒業後、ゲーム会社でゲームを開発したのち、フリーランスを経てコロプラに入社した大山さん。現在はマネージャーも務めながら、自らも手を動かす「現場主義」のデザイナーです。ものづくりを続けてきた大山さんがいま思うゲーム制作の魅力を聞きました。

子供のころから「動くもの」が好きだった

まずは、大山さんの経歴から教えていただけますか。

大学を卒業してからゲーム会社に就職して、UIデザインと3Dデザインを担当していました。その後フリーランスとしてゲームの2Dデザイン、3Dデザイン、映像制作に関わった後、コロプラに入社しました。今は主にアートディレクション、3Dデザインなどを担当しています。

ずっとゲーム関係の仕事に携わってきたんですね。子供のころからゲームが好きだったんですか?

人並みだったと思いますよ。そんなにゲームをたくさん買ってもらえる家庭ではなかったので、お年玉で買っていたくらいです。ただ、当時の友達に「なんであんなにゲームやっていたの?」と言われたことはあります(笑)。

なぜアートの道に進もうと思ったんですか?

学校のテストは何をやっても真ん中くらいの成績でしたが、図工・音楽・体育などの感覚的な科目が好きだったんですよ。何より絵を描くのが好きで、学校の写生大会で賞をもらったりすることもありました。絵を動かすのも大好きで、パラパラ漫画を教科書の全ページに描いていたりもしました。それで「絵を描くことが勉強になるのはいいな」と思い、この道に進もうと思いました。大学では教授の影響もあって、卒業制作はアニメーションを専攻しました。

ひょんなことからゲーム業界へ

ゲーム業界に入ろうと思ったのはいつごろですか。

当時、私の周りでは就職の人気業界は広告とゲームで、私は広告業界を志望していました。大学の先輩で、広告業界で働きつつ自身の作品を作っている人がいたので、広告業界ならそういったこともできるのかなと思っていました。でも広告業界で受けたところはほとんど落ちてしまって......秋採用でゲーム会社の募集が残っていたので受けてみようかなと思ったのが、この業界に入ったきっかけです。

就職することは決めていたんですね。

はい。そこで、あるゲーム会社の説明会に参加してみることにしたんです。すると当日エントリーシートを渡されて「明日までに書いてきてください」と言われたんですね。もしその締め切りが1週間後だったら出していなかったと思います。ただ、そのとき「明日が締切なら今日書かないと出せないな」と思って、その場でエントリーシートを書いて出したんです。

そして、受かったわけですね。

はい。ほかにも何社か受けたのですが、その会社からわりと早く内定をいただけたので、そこに決めようと思いました。入れば入ったなりのおもしろさがあるのかなと思ったんですよね(笑)。

ゲーム会社では具体的にどのような仕事をしていたのですか?

大規模なゲームの開発に携わっていました。入社後、最初はUIデザイナーとして働いていました。その後、3Dをやりたくなって3Dのモーションデザイナーに転身しました。

モーションデザイナーになってみて、いかがでしたか?

とにかく楽しかったですね。今でも「メインの仕事は何か」と聞かれたら「モーション」と答えると思います。「アニメ―ション」という言葉には「命を吹き込む」という意味があると聞いたことがあるのですが、「モーション」の仕事はまさにそんな感じでとにかく楽しいんです。

まだ見ぬ世界を見るためにフリーランスへ

その後、なぜ会社を辞めてフリーランスになろうと思ったんですか?

自分が作ったものを直接ユーザーさまに評価してもらいたかった。あと「20代は修行だ」と思っていたので、お金稼ぎというよりは新しい技術や価値観に出会いたい、いろいろな人と仕事をしたい、という思いが強かったです。

フリーランスではどんな仕事をしていたのですか?

2D、3D共にやっていたので、個人で売り込みにも行きましたし、本当にいろいろなことをしました。当時はスマホではなくフィーチャーフォンだったのですが、漫画サイト制作のお手伝いをしたり、映像制作をしたり......でも最終的に落ち着いたのはゲームの仕事でした。特に3Dの需要は高く、知り合いなどに声をかけてもらって仕事をしていました。

コロプラベアーズ_oyama_20160906_2.jpg

再び会社へ入ろうと思った理由

お話を聞いているとフリーランスでも順調だったと思うのですが、再び会社に入ろうと思ったのはなぜですか?

コロプラで働いている知人に誘われたのがきっかけです。そのころは3Dのリッチなゲームを作っていて、それはそれで楽しかったんですが、個人的にプレイして面白いゲームは2Dのシンプルなゲームで、当時のコロプラはライトな2Dのゲームを作っていて魅力的だったので、入社することにしました。

実際にコロプラに入社してみて、いかがでしたか?

フットワークがすごく軽くて、物事を決めるときのスピード感が速かったですね。そういうスタンスに魅力を感じました。

ゲーム作りで一番楽しいのは、どんなところだと思いますか?

昔からずっと変わらないんですけど、何かを仕込んでそれを人に見せたときに笑ってもらえるのがすごく楽しいんですよね。子供のころはキャラクターを描いて勝手にルールを作ったオリジナルゲームをみんなでやるのも楽しかったですし、学生時代の作品作りも「これを見たらみんながどういうリアクションするんだろう」と考えながら作っていましたし、「みんなを驚かせるもの」を考えて作っていくのが本当に楽しいんです。

今後はどんなゲームを手がけていきたいですか?

ゲームの種類にこだわりはないのですが、速いサイクルでゲームを作りたいという気持ちはあります。

最後に、コンシューマゲームからスマホゲームまでいろいろなゲームの制作に関わってきた大山さんがゲーム制作で大切にしていることを教えてください。

映画や小説、漫画もそうですが、やはり日常では味わえないことを体験でき、それをユーザーが介入しながら楽しめるのがゲームの魅力だと思うんです。大切なことはいろいろありますが、やはりユーザーさまに「ワクワク感」を感じていただけるようにすることが一番大事なのかなと考えています。

さまざまな経験を経て今なお「ゲームを作りたい!」という思いが強くなっているという大山さん。そのバイタリティを生み出しているのは「とにかくものづくりが好き」とか「周りに笑ってほしい」という、昔から変わらない思いにあるようです。