コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

コロプラのエンジニア
PEOPLE

転職を重ねて入ったコロプラで、今だからできること

コロプラのエンジニア

菅井健太

エンジニア

仙台市出身。ゲームや漫画、工作に熱中する少年時代を過ごす。一級建築士である父の影響で設計事務所に就職するも、そこで出会ったコンピューターおよびインターネットに魅了されて退社。「少しでもコンピューターに関わる職を、より良いものを作り出せる環境を」という思いで転職を重ねながら、エンジニアとしての知識を習得。コロプラに入社して、もうすぐ丸6年。現在は新規ゲームの開発エンジニアとして活躍中。

子供の頃にゲームや漫画、そして工作が大好きだったことから、設計事務所に就職。そこで出会ったインターネットに衝撃を受けて、エンジニアに転職。そして、より自分の特性が活かせる場所を求めてコロプラへ入社したのが6年前のこと。本当にやりたい仕事を、「すごい人たち」と楽しくできるようになるまでには、長い道のりがあったようです。幼少期から現在に至るまでにあった印象的なエピソード、着実にステップアップしていった仕事のこと、今コロプラで考えていることなど、じっくりお話ししてもらいました。

ゲームや空想、漫画、そして工作が好きだった少年時代

まずは、現在どんな案件に携わっているのか、というところからお話しいただけますか。

実は、今は新規ゲームの立ち上げに関わっていまして、具体的なゲーム名は言えないんです。その前は、『東京カジノプロジェクト』や『バトルガール ハイスクール』のリリースに携わっていましたが......。

新規ゲームと言うと、まだ世に出ていないゲームを開発されているということですね。

はい。新しいゲームを世に出すためには、プロジェクトが生まれる本当の立ち上げ時期と、作りこみの時期と、リリース時期という3つの時期があるんですが、それぞれでプロジェクトの進め方がけっこう変わってくるんです。業務の優先順位や人材の配置換えなどを、それぞれの時期で変えないといけないタイミングがあるので、その大まかな流れや動きを最適な形に変える、というのが、私がよくやっている仕事です。

ゲーム制作の現場で、指揮者のような仕事をされているんですね。

クリエイターは、どうしても自分がこだわりたいところにこだわってしまうものなので、各人の得意分野を見極めながら配置換えをして、スムーズな流れを作り出すというか。クリエイティブでこだわるということはもちろん大切なんですが、どこまでこだわるかという線引きのために、一緒になって考えるというイメージですね。作りこむためにずっと見ていると、見えなくなるところもあるので、それを客観的な視点で、外側から転換するようにしています。

全体を見つつ、個人を見る、というような感じでしょうか。そういう視点を持てるようになったのは、いつ頃から何でしょうか。

コロプラに入ってからだと思いますが......以前、配管設備の設計をしていたので、構造設計の考え方が基盤になっているということはあるかもしれませんね。もとは、父が一級建築士だったこともあり、建築系の学校に通っていたので、その流れで就いた仕事でした。

IMG_9684.jpg

お父さまはどういうお仕事をされていたんですか。

建物の設計はもちろん、現場の様々な職種をとりまとめる現場監督として指示を出していましたね。と言っても、父はいつも忙しくて留守でしたから、仕事の様子を実際に見せてもらっていたわけではないんですが。なんとなく聞いて、知っています。現場監督としての父の立ち位置は、今の自分と似ているかもしれませんね。

どんなお父さまでしたか。

食べ方や箸の持ち方なんかには厳しくて、よく怒られました。そういうことにはきっちりしているタイプで、よく整理整頓していたような記憶があります。私も、どちらかというと、綺麗好きなほうかもしれませんね(笑)。ものが散らばっているのは、意識が散漫になってしまうので嫌なんですよ。ものが少ないほうが合理的ですし。

お父さまの一級建築士の仕事を、身近に感じるようなことはありましたか。

仕事というか、できあがった設計書はよく見ていましたね。かなり大きな紙なので、それを使って遊んだり、裏紙にして絵を描いたりもしていました。

設計図自体にはあまり興味がなかったんですか。

子どもの頃は、あまりそこに興味がありませんでしたね。ただ、身近にそういった設計書や設計図があるような環境にいましたので、小学生の頃は方眼紙でものを作っていました。父と一緒に作ることもなかったですし、父の設計書に影響を受けていたのかどうかはわかりませんが......今思えば、何か関係があったかもしれませんね。

お父さまが設計された建物を見に行くようなことはありましたか。

(当時住んでいた)仙台や東北にある建物などは、車の中から見るようなことはありましたね。もともと、建物には興味があったんだと思います。海外へ旅行に行っても、お城や建物を見ていますから。そういう構造物を見ることが好きなんでしょうね。当時も、そういうことに憧れていたからこそ、建築系の学校に進んだんだと思います。

photo1.jpg
Photo:ドイツ レーゲンスブルク(本人撮影)

もともと、作ることが好きだったわけですよね。

小学生の頃はそれこそ、方眼紙で迷路や自販機なんかを作っていましたね。とりあえず作りたいものを作って、それを使って弟と一緒に遊んでいました。方眼紙で作った自販機のボタンを押すと、駄菓子がポロンと出てくるような仕組みです(笑)。

当時、方眼紙以外でも何か作っていましたか。

粘土とかレゴブロックでもいろいろ作っていましたね。ガンダムが好きだったので、レゴで基地を作って、飛行機や戦艦、司令室みたいなものまで配置して、かっこいい感じにしていました。

ゲームで遊ぶことはなかったんですか。

ファミコンでゲームをよくしていました。シューティングが得意ではなかったので、RPGが多くて、先ほどの『SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語』や『ドランゴンクエスト』なんかはかなりやっていました。RPGは物語性があって、のんびりできるのが良かったんですよね。焦らず、安心して続けられるというか(笑)。それから、絵を描いたり、空想したりするのが好きでしたね。漫画家に憧れて漫画を描いていましたが、中学に入ってからは漫画はあきらめて、リアルな絵を描いていました。

その「空想」には物語もあったんですか。

『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』などの世界に自分が入るとか、自分が主人公になって中世を生きているようなファンタジー系の空想をしていました。周りの友達なども勝手に登場させていましたね(笑)。

漫画を描いた時期もあったということですが、どんなものを読んでいましたか。

『ONE PIECE』や『ドラゴンボール』といった王道の漫画を読んでいました。バトルものが多かったような気がします。スポーツ系も好きだったので、あだち充さんが大好きでした。昔のものも含めて、シリーズは全部揃えていましたね。あだちさんの漫画には、一貫して「安心感」があるんですよ。モチーフが変わっても物語の核の部分は一緒というか......私は大好きで、最近出た『クロスゲーム』も読んでいます。恋愛モノもいいんですが、スポーツのどきどき感とかも好きでしたね。

ゲーム、漫画、工作、と子供の頃から好きなものがはっきりされていたようですが、エンジニアという職種には、いつ頃、興味を持たれたのでしょうか。

実は、父の影響もあり、初めて就職した会社は建築の設計事務所だったんです。でも、そこで私が魅了されたのは、設計ではなく、パソコンとインターネットだったという......。

パソコンやインターネットに魅了された理由を、具体的にお話しいただけますか。

会社にインターネットがダイヤルアップで引かれていて、インターネットの面白さに気づいてしまって。「ハイパーリンクで世界中がつながっている」という説明を読んだときに、軽い衝撃を受けたんです。こんな文章一つで世界がつながるのかって!インターネットに興味をもったのはそこからですね。

photo2.JPG
Photo:スリランカ シーギリヤロック(本人撮影)

エンジニアまでの紆余曲折の道のりと、そこから広がる世界

建築の仕事をしながら、インターネットに興味を持ったんですね。

その事務所にいた当時、ダイヤルアップのインターネット料金がものすごく高くなった時があったんです。そこで、ネットにアクセスするとどういう形式でファイルが増えていくのかを調べようとしたんですが、ブラウザの履歴が消えていたので、キャッシュのフォルダをあさったりしました。結局、あるパソコンから画像データが大量に出てきたことで、原因を特定できたんですが、そういう過程で、こちらの業界の面白さに目覚めたというか。コンピューター寄りの仕事に興味が移っていったんですよ。

そこから仕事を変えようと。

やはり、長い人生を考えた時に、パソコンに触れる会社に勤めたいと思ったんです。そこでパソコンを買って独学して、データ分析などができる会社に転職しました。情報を見ることも単純に楽しかったんですが、どちらかというと、それがどんな構造なのかとか、レジストリ(データベース)や設定ファイルがどんな役目を果たしているのかを探究していくのが楽しくて。パソコン単体で突き詰め、構造を理解することが、何かを発見しているみたいだったんですよね。

パソコンを分解するようなこともされていたんですか。

独学でパソコンの中身を見ていったので、いじった挙句、壊れることもありましたね(笑)。設定に何か手を入れることで、立ち上がらなくなって再インストールしたりもしました。そんなことを繰り返しているうちに、徐々にわかるようになってきたんです。

完全にパソコンにのめり込んだ感じですね。

はい、まさに。でも、パソコンに触れられるとはいっても、同じことを繰り返し行う仕事だったので、ちょっと面白くなかったんです。そこで、何かできないかなとプログラムを勉強し始めました。

具体的に、どんな勉強をしたんですか。

当時はエクセルをよく使っていたので、エクセルのマクロを活用するところから始めました。私の最初のプログラムは、仕事を確実かつ楽にしたいというのが動機です(笑)。人がすると、ひとつひとつチェックする時間が無駄ですし、チェック漏れもあります。それなら、ある程度確実性をもったものへシフトしたほうが業務を効率化できる。そんな発想から始まっていますね。

そこで、もう一度転職するという流れでしょうか。

当時いた職場で、自分が作ったシステムを他のメンバーに使ってもらったり、上司に見せたりしているうちに、「これを仕事にしたら楽しそう」と思ったんです。当時は仙台にいたので、休みをもらって東京に行き、何社か受けました。そこで受かった1社に入ったんですが、これが携帯会社に向けた業務用システムを作っている会社で、エンジニアとして採用されました。

自分がやりたいことを仕事にするために、着実にステップアップされていったんですね。その会社ではどんな仕事をしていたんですか。

依頼先が求めるものを作るという仕事ですね。その会社には3年ほど勤めましたが、要請のあったものを作らないとだめだという仕事内容に刺激がなくなってしまい......工夫してより良くしようとしても、「このままでいいです」と言われてしまう。そうしたほうが絶対に良いのに、できない。それは建設的ではないなと思いました。

方針が合わなかったんですね。

会社から研修も受けさせてもらっていましたし、仕事をしながらプログラムの勉強を続けて、資格も取りましたので、自分にとって必要な時間ではあったんですが。せっかくなら、自分たちで育てるサービスをしたいと思うようになりました。そして、そのタイミングでちょうどウェブの勉強会で知り合った人が自分の会社に誘ってくれたんですよ。

次の会社ですね。

口コミサイトを運用するウェブ系の会社だったんですが、自分たちのサービスなので、よくしたいと思ったら実行できるわけです。チームの一員として働いて、やっぱり楽しかったですね。ただ、扱いづらい人間だったとは思います(笑)。「これを作ってください」と言われても、「こうすればもっと良くなる」とか、「これはあまり意味がない」なんて言って、ぶつかることもけっこうありました。「作りたくない」とは言いませんが、「こうしたほうがいい」という意見を投げかけるので、企画の人とはやり合いましたね。自分の考えを説明した結果、通らないこともありましたが、それでもとりあえずぶつけてみようと思っていました。

その会社には、どのくらいいたんですか。

3年ほどですね。それから「自分がより成長できるところはどこなんだろうか」と考えて、コロプラに入りました。

どんな成長を考えておられたんでしょうか。

エンジニアとしての成長に加えて、もっと世界に向けて何かを発信したいと。それは、私の原点でもあるかもしれません。もともとゲームや旅行が好きだったので、ゲームで人を動かすという『コロニーな生活』の発想がすごいと思って、コロプラに入ることにしました。

コロプラに入社されてそろそろ丸6年になりますが、振り返ってみて、いかがですか。

私の勤めた中では、いちばん長く続いているんですよ(笑)。その理由を考えると、周囲の人が優秀で、全然追いつけないというのがあると思います。この6年間で、エンジニアとして私も成長しているとは思うんです。それでもやっぱり、全然追いつけない。自分に足りないところがまだまだ見つかるんです。コロプラに入社するまでにも、仕事を通してすばらしい方々に出会ってきましたが、コロプラ社内には、さらにすごい方がたくさんいるということを実感しています。

ようやく、本来いるべき場所にたどり着けた、という感じですね。

コロプラは楽しいんですよね。自分たちでサービスを育てて、挑戦するところは挑戦するという刺激があります。普通、これだけ会社の規模が大きくなったら、なかなか新しいことに挑戦できないと思うんですが、全然守りに入らない。

コロプラに入っていちばん成長したと思うのは、どういったことですか。

考え方が変わったことでしょうか。コロプラに入る前は、自分ひとりが成長すればいいと思っていたんですよね。コードを書くスピードが速くなり、精度が高まればいいと。そこだけを突き詰めようとしていたんですが、コロプラに入ってからは、組織としていかに成長するかという視点が生まれました。より良いものを作っていくためには限界があって、1人ではできないんですよね。そういう考え方に変わったのが、いちばん大きいところですね。

心境の変化があったんですね。

「少しでもいいものを」という考えは以前いた会社でも同じでしたが、会社の規模が大きくなると、同じ考えで協調できない人も出てきます。そこでいかに共通認識を持ってやっていくか、共通認識を持たせるか。そうした取り組みを続ける中で、より良いものを作っていく組織の作り方、効率的なやり方ということを考え始めました。みんなで協力してお互いの得意分野を活かすほうが、もっと面白いものが作れるんじゃないかと。

みんなで協力する楽しさに目覚めたということですね。

コロプラには、「客観から入り、最後に主観を入れる」という、考え方があるんです。1人で作っていると、どんなに他の人のためと思っていても、やはり主観にしかなりません。他者と作ることで、客観的な視点を取り入れることができるようになるので、仕上がりが良くなるんですよね。

ところで、海外旅行にもよく行かれるとか。

社会人になってから初めて1人で海外へ行ったんですが、そこで私が全く知らない、考え方のベースが違う場所というのを体感したんです。海外では、習慣の違いなどに刺激を受けますので、今では、年に1回は必ず海外旅行に行きますね。と言っても、仕事をしているので、10日ぐらいが限度ですが。これまでにドイツ、インド、カンボジア、ベトナム、スリランカ、アメリカなどに行きました。

photo3.JPG
Photo:インド 世界遺産「タージ・マハル」(本人撮影)

たくさん行かれていますね。

平均年齢が若いカンボジアなんかに行くと、ものすごいパワーをもらうんですよね。そして、「このパワーに日本が勝つためにはどうしたらいいんだろう」とか、つい考えてしまいます。そういう国を実際に訪れて、高齢化社会である日本の今後について考えたりしますね。日本を客観的に見ることができるようになるというか。

世界に行くと、また新たな視点が得られるんですね。

どんなに自分の頭の中で考えていても、それには限度があります。環境を変えて、一歩引いて考えてみる。客観視せざるを得ない状況に自分を置くと、変化しやすいんですよね。そういう意味もあって、知らないところに行ってみたくなるんだと思います。

photo4.JPG
Photo:インド ガンジス川(本人撮影)

プライベートの旅行でありながら、なんだか仕事にリンクするような考え方をされていますね。

私にはもともと、「構造を正しく理解したい」とか「把握したい」という思いがあるんでしょうね。理解した上で、自分も関わっていきたいと。だからこそ、ゲームのリリースにかなり近づいたタイミングで、チームに入るんだと思います。それまでの経緯をあまり知らずに入ることで、ずっと関わっていた人よりずいぶん客観的になれるはずで、新しいゲームをリリースするまでの動きや流れに適切な変化を与えられると思っています。

では最後に、「今後こうなっていきたい」という思いがありましたら、教えてください。

私自身はまだそれほど海外向けのコンテンツを作っているわけではないのですが、世界へ広がっていくものを作っていきたいなとは思っています。そこに答えがあるかどうかわかりませんが、世界からの反応はやはり見てみたいですね。挑戦してみたいと思っています。

菅井さんのお話を伺うと、挑戦しっぱなしですよね。

そうですね。でも、まだまだやってみたいことがたくさんあるので、挑戦は続くだろうと思います。

自分がやりたいことと自分の特性が合致する仕事を探して転職を重ね、コロプラのエンジニアになった菅井さん。「すごい人たち」に出会うことで刺激され、現在の仕事が「楽しい」と話せるまでには、長い道のりがありました。冷静に、かつ「ゲームをもっと面白くしたい」という思いを持って、チームをまとめる菅井さんの挑戦はこれからも続きます!