採用Q&A

COMPANY

Q&A

採用Q&A

コロプラの採用に関して、よくいただくご質問とその回答をまとめました。新卒の方も、中途の方も、こちらからご確認ください(※ 本ページの情報は随時更新していきます)。

よくある質問

Q:チーム体制や、現場の雰囲気を教えてください。

A:プロジェクトごとに少人数から大人数のチームまでありますが、共通しているのは、 みんなで意見を出し合い、ゲームを制作していくというスタイルです。たとえば「エンジニアはコードを書くだけでいい」とか「デザイナーはデザインだけすればいい」 というようなことはなく、アイディアがあれば積極的に意見を出し合い、みんなでゲームを面白くしていきます。

【RECOMMEND】
チーム全員で意見を出し合う開発スタイルに憧れ入社した、 エンジニアJ.Yさんのインタビュー記事
『ほしの島のにゃんこ』開発チームの雰囲気について、チームメンバーが話して いる記事ニャス

Q:新しいゲームの開発は、どんなふうにスタートしますか。

A:新規企画は、常に誰でも(部署や職種に関係なく)提案できるようになっています。社長の馬場から 方向性を示されて作り始めることもありますし、チームで「こんなゲームを作りたい」と話したことがきっかけで、制作がスタートすることもあります。 多くの場合、最初は数名のメンバーで集まり、試行錯誤しながら進めていきます。

【RECOMMEND】
コロプラ初のアイドル萌えゲーム『バトルガールハイスクール』の誕生秘話はこちら
たった4人のチームで始めた『三国志ゲーム』開発初期のお話はこちら

Q:新卒でも、ヒットタイトルに携わることはできますか。

A:もちろんできます。 おなじみの『白猫プロジェクト』や 『クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ』などのヒットタイトルは、 先輩社員から新卒社員までが一丸となって制作しています。

【RECOMMEND】
『魔法使いと黒猫のウィズ』や『ランブル・シティ』を 手がけるデザイナーS.Uさんのインタビュー記事

Q:新卒でデザイナー職を希望していますが、3DCGソフトを使った経験がありません。採用される可能性はありますか。

A:あります。 たとえば、学生時代に日本画や油絵などを専攻していて、3DCGソフトの使用経験が なかった方が入社するということはよくあります。ある社員の場合、圧倒的なデッサン力があったため、空間把握力があると見込んでの採用となりました。 3DCGソフトに関しては、入社後の研修でも学ぶことができますので、画力に自信がある方は、ぜひ応募してみてください。

【RECOMMEND】
新卒として入社後、 『白猫プロジェクト』のキャラクターデザインを担当するデザイナーA.Sさんのインタビュー記事

Q:プログラミングには自信があるのですが、ゲーム業界で働いた経験はありません。採用される可能性はありますか。

A:ゲームを作った経験がなくても、全く問題ありません。業務に必要な情報は入社後の研修などで お伝えしますので、安心してエントリーしていただければと思います。

【RECOMMEND】
金融系の会社や地図アプリの制作などを経てコロプラに転職した、 エンジニア廣本さんのインタビュー記事

Q:コロプラがVRに注力している理由を教えてください。

A:テクノロジーが普及するか否かは、そのテクノロジーがプラットフォームとなり得るかに かかっています。世界中とつながることができるインターネット、いつでもどこでも、誰とでもつなることができるフィーチャーフォン、それが拡張したスマートフォン。 いずれのプラットフォームにおいても、それぞれ新たな体験と感動があり、一気に普及していきました。 コロプラでは、VRはわれわれ人類がこれまで体験したことのない、 新しい感動を提供するプラットフォームになると考えています。 VRの未来を信じ、グループ一丸となってゲーム、360度動画、投資といった分野からVR業界を盛り上げていきたいと考えています。

【RECOMMEND】
市場規模は1%未満。それでもコロプラが 率先してVRゲームを開発する理由「コロプラのVRチームの本音とは」

Q:コロプラならではの文化や特徴を教えてください。

A: 転職してきた社員の声としてよく聞くのは、「コロプラはUnityの開発が進んでいて面白い」 「会議が少ない」というものです。また、「挨拶する文化が根付いていて気持ち良い」とも言われています。

【RECOMMEND】
デザイナーK.Mさんの インタビュー記事「私がコロプラの3Dデザイナーになった理由」

Q:福利厚生について、教えてください。

A:コロプラでは、社員に長く健康的に働いていただけるよう、様々な試みをしておりますが、 さらに必要なものが出てくれば、積極的に導入を進めていきます。
たとえば、「はたらくま+」という制度は家庭やお子さんを持つ社員の方に向けた福利厚生ですが、 慶事祝金が支給されたり、会社を参観できる日があったりするなど、社員のライフスタイルの変化に伴い導入された新しい福利厚生のひとつです。

【RECOMMEND】
「福利厚生」一覧はこちら。毎月3万円の近隣住宅手当や、無料自販機やウォーターサーバーなどは特に好評です。
「はたらくま+」詳細はこちらから
コロプラの福利厚生「こぐま参観日」とは?

Q:入社後の配属は、「既存ゲームの運営」と「新規開発」のどちらになりますか?

A:基本的には、まず会社に馴染んでいただくために、既存ゲームの運用から業務に携わっていただきます。 そこから継続して運営を担当していただくか、新規開発を担当していただくかを判断していきます。
一方で、ご本人の経験や得意な領域と、その時のプロジェクトの状況を照らし合わせた結果、初めから新規開発を担当していただくこともあります。

Q:女性社員で結婚、出産されている方のワークスタイルを教えてください。

A:育児休暇後は、その方のライフスタイルに合わせ、定時をずらした時差出勤や時間短縮勤務を 選択していただきます。このほかコロプラには、「こども看護休暇」や「はれのひエール」など、家庭を持つ社員が快適に働けるよう作られた独自の制度「はたらくま+」があります。

【RECOMMEND】
「はたらくま+」詳細はこちらから

Q:社内で、勉強会や研修などはありますか?

A:社員が持ち回りで、ランチタイムに「パワーランチ」という技術勉強会を開催しています。 話題の最新技術や、社内でよく使われている技術等を情報共有し、技術力のボトムアップをはかります。エンジニアだけではなく、デザイナー、プランナー、バックオフィスの 社員も自主的に参加しています。

このほか、「COLOPL COLLEGE」という、社員個人の成長をサポートする研修制度もあります。

RECOMMEND

PAGE TOP