コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

COMPANY

コロプラの新卒研修から生まれたゲーム『Elemagne』がリリースされました!

入社式から3か月。新卒社員一同は、社会人として身につけておきたいビジネスマナー研修を受講したり、コロプラ社の取り組みなどを学んだりしてきました。そして、やはり最も時間をかけていたのは、本業のゲーム制作で役立つ技術習得であり、業務に必要な知識習得です。

時間制限がある中で、課題に取り組むこと。時には厳しいレビューを受けながら、より良いものを作るためにチャレンジし続けること。役員をはじめ、目の肥えたプロにプレゼンすること。先輩から出る高度な質問に、自分の考えを整理して即座に回答すること。どれも初めての経験だったと思いますが、すべてこれから現場で活躍するために必要なステップです。

エンジニア × デザイナー × プランナー 研修から生まれたゲーム『Elemagne』

3か月間の研修も終わりに近づいた頃、「13日間でゲームを作る」という課題が出ました。エンジニア、デザイナー、プランナーで4~5名のチームになり、企画から実装、プレゼンまでを行います。

社長や役員のレビューをクリアしたゲームは、なんとそのままリリースされる(!)という、毎年恒例のこの研修。とはいえ、必ず1チームが選ばれるというわけではなく、評価が高ければ数チームのゲームが世に出ることもありますし、逆に基準を満たすゲームがなければ全くリリースされない、という可能性もあるわけです。

今年、様々なゲームの中からOKが出たのは1チームで、『Elemagne』というカジュアルゲームがリリースされました。(磁力を操り、鉄球をゴールまで運ぶゲームを指1本で楽しめます! ぜひお試しください)

リリースは、『Elemagne』を制作したチームメンバーの手によって行われました。フロア中がなんとも言えないワクワク感とドキドキ感でいっぱいの中、アプリストアへゲーム公開がなされた瞬間、みんな拍手でお祝いしました。

Elemagne.jpgad5bdb800dd83faf94c338d4a3eb2d14d1171544.jpgコロプラベアーズElemagne.jpg

優勝チームのメンバーは、この5名。感想を聞くと、「先輩にレビューを受けながら、改良を繰り返しました。初めは『ちょっといいね』くらいの反応でしたが、修正していくうちに、だんだん面白くなっていくのがわかりました」と、長いようであっという間だった13日間を振り返りました。「『面白いゲーム』を作るために、職種の垣根なく、チーム一体となって取り組めたのが良かったと思います」と口々に言うメンバーは、みんな大きな達成感を感じたようです。

総合職は、「VRを使った新規ビジネス提案」を一人ひとり行いました。

総合職の研修では、「VRを使った新規ビジネス提案」という課題が出ました。こちらはクリエイター職(エンジニア/デザイナー/プランナー)と違い、チームではなく個人で取り組みます。18日間で企画から、市場調査、プレゼン資料制作まで行いますが、その間には、社長の馬場から直接レビューを受けたり、VRチームの協力も得たりして、ブラッシュアップを重ねました。

6月末、研修の成果が発表されました。1人 8分の持ち時間で、デモも交えたプレゼンをすると、社長と役員から質問が相次ぎました。それに回答すると、具体的なアドバイスやさらなる課題が出て、発表会が終わった後も新卒社員の間では意見交換が続きました。

VRコロプラベアーズ.jpg

新卒社員にとってこの3か月間は、技術的にも精神的にも、大きく、大きく成長できた特別な時間になりました。これにて研修は終了しましたが、今後は現場での活躍をリポートしていきたいと思います。